事務所としての取組−「認定」を維持する為に− ※追記あり

  • 2020.06.09 Tuesday
  • 13:07

ここ数カ月、コロナウイルス感染拡大に伴う情報提供を中心にブログを書き続けてました。

今後も国・地方公共団体から様々な支援策が実施される予定ですので、随時ご紹介させて戴きます。

今回は事務所の業務に関する内容を紹介します。

 


当事務所の主力業務は記帳代行を中心とした会計業務です。

開業と同時にクラウド会計ソフトfreeeの認定アドバイザーに登録させて戴き、現在では当事務所の顧問先への導入・運用だけでなく親しくさせてもらっている行政書士の先生方と業務連携をさせてもらっています。税務申告は対応できない為、税務についてはご協力いただいている税理士の先生にお願いしております。

 

クラウド会計ソフトが良いかどうか?やメリットについては別の機会にご紹介します。

実はこの度、freeeの「認定アドバイザー制度」について制度変更が行われる、という案内がありました。

今までは認定アドバイザーになる為には申込をして、所定のレクチャーを受け、電話等で面談を行い、先方にアドバイザーとしての能力を見極めていただければ認定アドバイザーになることが出来ました。

しかし、今後は認定アドバイザーになられている状況等にも寄りますが早ければ来月からは所定の条件を満たさなければ認定アドバイザーと名乗れなくなってしまいます。

当事務所も所定の要件のうち、「認定資格の取得」の点で未達成だったので検討をし、試験を受けることにしました。

 

実は認定資格の試験は昨秋に受験しましたが全然合格ラインに届かず、「結構freeeを使い込んでいるのに…」とショックを受けていました。ただ、現時点では「認定アドバイザー」の立場を維持する為に猶予期間はあるものの早く取得したいという思いから早急に手を打つことだけを考え、資料をダウンロードし、足りない知識を実際の操作画面で確認したりして、今朝試験を受けました。

 

試験は確かに選択式問題しか出ませんが、やはりfreeeを使い込んでいないとすぐに回答できない問題が多いです。また、合格ラインが80%以上の正答ですので結構ハードルが高いと思いました。最初に受験した時は遊び半分だったので30分くらいで回答を終え結果を確認しましたが、今回は残り約5分というところまでしっかり問題に向き合いました。

 

合否は試験を終わるというボタンをクリックすればすぐに出ます。

今朝の試験は無事合格でした。間違えた問題は焦っていたのか「誤っているものを選ぶ」ところを「正しいものを選ぶ」解答にしてしまうケアレスミスが多かったです。

 

試験に合格したので、これで「認定アドバイザー制度」の制度改正後も引続き認定アドバイザーとして対応していくことが出来、ほっとしました。ホッとした時にこんな思いになりました。

「これで顧問先に引続き迷惑をかけずに対応が出来る」

顧問先や業務連携をさせてもらっている先生方は私を信頼して下さった上でfreeeという会計ソフトを活用している方がほとんどです。ソフトの使い勝手ももちろん大切な要素ですが、私が信頼を裏切らないように研鑽していくことが大切であると日々考えていたからすごくホッとしたんだと思います。


※当事務所では会計freeeの導入を認定アドバイザーとしてお手伝いをしております。他の会計ソフトを使用している方にも記帳代行を含めた会計業務を承っております。


↓追記した記事があります↓

「合格者に届くロゴについて」「認定試験の難易度に関する話題」等
 

(6/12追記)

認定資格試験に合格した「おまけ」のようなものです。

昨日freee蠅茲蟾膤兵圓悗離蹈乾如璽芯鷆,離瓠璽襪届きました。

左のロゴを名刺やホームページ等に入れて活用して下さい、という内容でした。

 

ちなみに「会計スペシャリスト」という名称はちょっと誇大広告の様な名前ですよね。

2020年10月からは名称が変わるものと思われます。

多分「スペシャリスト・会計記帳」になるのかな?

名前のわりに会計の専門知識があるわけではありませんが、「会計freee」の導入から決算までの流れをマスターしていますよ、という証明だという認識を持っています。

 

 

試験を合格するには「知識」だけで一発合格するのは難しいと思います。その理由は…

・選択式とはいえ、50問を60分で回答する為、ちょっと時間が短いと思うかも?

・合格するには80%正解しなければならない

・提供されているアドバイザーガイドの記事だけで60分で80%以上の正解をするのは難しい

このような理由が挙げられます。正直申し上げて「会計freeeの内容を問う試験としては良く出来ている」試験です。

現在、クラウド会計ソフトが結構普及している状況下ではfreee以外の会計ソフトを利用されていたとしても「クラウド会計ソフトがどういうものか?」を知るためには良い試験内容であり、正直「簿記3級」よりも実用性があるような気がします。

(簿記3級とは問われる知識が全く違いますが)

会計freeeをあまり熟知していない方はダメ元でまず1回受験し、間違えた問題の復習を徹底的にすれば2〜3回で合格できるかな?といった試験です。※ただし、受験料は受験する度に負担が必要です。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM