燕はどこへ目指して飛んでいくのか?

  • 2020.06.20 Saturday
  • 11:02

私の家には燕が飛来して巣を作るようなことはありませんが、近所では結構燕の巣を見ます。燕が自宅の軒先等に巣を作ることは縁起の良い事、として…

 

ちょっと書き過ぎました。

今日の話は、燕をロゴにしていクラウド会計ソフトで有名な「あの会社」に関連する所感を取り上げます。

 


以前の記事 事務所としての取組−「認定」を維持する為に− で記載した通り、7/1よりクラウド会計ソフトfreeeの認定アドバイザー制度について制度変更が行われる予定であることを紹介しました。

 

制度変更の理由等はfreee株式会社のwebサイトに掲載されていますので見て戴ければ良いのですが、認定される新基準として

・顧問先への導入件数3件以上

・個人資格(freeeが行っている認定試験)1種類合格

・会費のお支払

以上3要件をすべて満たす必要があります。

 

Q.認定されなくなるとどうなるの?

現時点で「認定」の方が新基準の3要件を満たさなくなると、早い方では来月から「制度加入者」という扱いになります。

「制度加入者」は会費を支払う方と会費を支払わない方で受けられるサービスが変わります。

会費を支払わなければ、アドバイザー用アカウントは2021年7月を目処に利用できなくなる予定、と公表されています。

※「会費」は3要件の一つにある会費と同じものです。

 

要約すると

・「認定アドバイザー」として継続するなら要件を満たすこと→「認定」の質を向上させるため

・対価(会費)を払わない方にはアドバイザー用アカウントの利用を停止する予定

 →タダでソフトを使うだけの方や折角用意したツールをそもそも使っていない方は相応の対応をする

ということだと考えます。

(解釈が間違っていたらゴメンナサイ)


当事務所については、複数の顧問先に会計freeeを導入していますし、会費要件も元々クリアしていましたので、引続き活用していく為に先般の記事で紹介した通り個人資格を取得し、3要件を満たしている状態です。

ただし、現在認定アドバイザーとなっている方々は制度改正を受けてどうしたら良いか気になっている方も一定数いると思います。

以下で、私見ですが制度変更の狙いや対応策について触れていきます。

 

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM